いたずらオウムの生活雑記

タイハクオウムの4コマ(ほぼ実録)・動画 その他制作物などUPしています。 オウム情報以外にも色々入り乱れると思いますので、 特定の内容に目を通したい方はカテゴリからご覧くださいませ。 Twitterアカウント オウムメイン→@itazuraoumu 飼い主メイン→@rourousoku いたずらオウムの4コマ書籍 ttp://www.amazon.co.jp/dp/4046

制作・イラストなど

水彩メインで着色します。混ぜる場所を綺麗にしたパレットが上、そのままの状態のものが下のパレットです。毎度どのタイミングで綺麗にするか迷います。小学校では図工の時間が終わるたび水彩絵の具であってもパレットを洗わされたものですが、水彩絵の具は乾いても水で濡ら

下書きはこちら。水彩絵の具をセットして着色開始!白文鳥自体が色味が少なくさほど手が入らないモデルですので、その分背景に色を詰めてみました。顔を修正しつつ着色背景色を置いて完成。下書きをしている時は餅を描いているような気分でしたが、着色後は鳥!という感じが

先月から続いた水彩MIXのアクリル画制作が終了しました…!ろう@itazuraoumuボウシインコとタイハクオウム紙:ホワイトワトソン水彩、アクリル、ペン https://t.co/vSQemddhhz2017/11/10 14:50:14作業工程雑感。 初期ラフはこんな感じでした。背景や足元がぼんやりしています

翼型ポンチョの構想です。コザクラカラー(尾羽の色を一段上げたもの)全体像背中の翼はクロスさせてみましたが、実際に作るならクロスさせない方が良いかもしれません。寒い時期なので内側モコモコさせてます。内側のモコモコ、マイクロファイバーの毛布を生地として使えば

微妙に描き切っていませんがお気になさらず...ケント紙でないので線がガタガタしてます。着色したら荒さが色で隠れて綺麗になりそうです。国鳥シリーズにも手を出したいなと思いつつ、翼型ポンチョイラストに手をだしかけています。先にやらなければいけない作業が溜まってい

四角い枠の中に色んな種類の鳥を入れた賑やかなシルエットイラストというお題で用意したサンプル構図(廃案)です。切り絵のように中抜きが出来ればいけるだろうと最初に用意したのがこちら。中抜きはナシとのことで廃案に。以下試行錯誤が続きます。・オオハシメインで周囲

本日のオウム小松菜もぐもぐ抜け羽も大分落ち着いてきて、首回りや頭、胸など見えない所が鞘だらけになっています。新しい羽が生えて毛引きリセットなるかと淡い期待を寄せていたものの、鞘を崩す段階で羽を微妙に齧っています。まだまだしばらくギザギザファッションが続き

以前は反応がイマイチだった吊り下げタイプのオモチャですが、最近ブームが来たようです。せっせと破壊に勤しむオウム。軽い木の部分はあっという間に真っ二つにされていきます。壊すと決めたら早い早い...こちらのオモチャも木の部分が7割ほど削がれました。みるみる貧相に

ご依頼のシモフリインコとタイハクオウム黄色灯の下で撮影したので黄色がかっていますが、実際は真っ白です。ろう@itazuraoumuシモフリインコとタイハクオウム使用画材:水彩、鉛筆、ペン紙:ホワイトワトソン(画面が黄色いのは照明の影響) https://t.co/KfY1U2Oyzx2017/08

久しぶりに色塗りです。スタート!色を置く予定ではないところにも色を置いてしまいましたが、まぁ何とかなるでしょう。影を先に置きました。通常の画用紙に時間短縮の写生ならこの方法でも良かったのですが、今回は色が濁ってしまって失敗でした。影も大変中途半端に入って

このページのトップヘ