略してふんわりオウム。ジョークです。
ふんわりオウム
コザクラに「うっわ」と言わせたかっただけの4コマでした。


描いていて楽しかったのでもう1本。(仕事を後回しにして)
 ふんわりオウム2
白色オウムの色を白に変えました。
こちらの方が画面が明るくて良いですね。
アイリングのカラーもあった方が差し色が出来て綺麗です。
色はこれで固定しようかなと思います。

・・・・・・。
えっオオバタン?ピンクですよピンク。
英名Salmon crested Cockatoo
全くもってサーモンカラーです。 
白色”バタン”の表記にすると、オオ”バタン”なのでしれっと混ざれますが、
白色”オウム”と表記すると途端に異質感が出てきます。

オオバタン側からすると体色だけでハブられてしまうのは避けたいところ。
オウムを紹介する側からしても外してしまう訳にもいかず、
カラーリングに違和感を感じつつ、注釈を入れて無理矢理ねじ込んでいます。 

因みに外されてしまった場合、お1人様別物扱いで紹介される形になります。
(例)
モモイロインコ・クルマサカオウム
×オウム属→〇モモイロインコ属・〇クルマサカオウム属

こうなると、オウム科特集のときは属のメインで紹介して貰えるのですが、
オウム属特集のときはハブられてしまうことが多くなります。
(グッズの制作のときもしばしば抜かされたり・・・)
多くの場面に顔を出したい場合は、
オウム属や白色バタンに紛れていた方が効率的なんですね。
だから上の4コマのオオバタンさんはとっても必至です。


タイトルの「はしぐろ」は、「くちばしがくろい」→「嘴黒」→「はしぐろ」です。
クチバシの白いものは「はしじろ」。
白色オウム(バタン)、「はしぐろ」、「はしじろ」は日本独自の分類です。
こういった細かい分類は私のような立場のものには心底ありがたいところ。
(分類が細かいほど目的の情報を探しやすい、得やすくなる)
この独自路線は捨てないでいってもらいたいものです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
マイナビニュースでオウム4コマ更新しました!
※画像クリックで4コマページが開きます
2016_07y22