タイハクオウム!

01.jpg

何てとても言えない・・・

実際触ってきた鳥の中での判断ですが、ウロコインコが一番性格が良かったです。
勿論、多少の個体差はありますが
大抵どの子も社交的で穏やかで好奇心旺盛というトリプルコンボを兼ね備えています。
最高ですね!

もう少しサイズが大きければ個人的に完璧です。
小さな鳥なので、大型インコの飼育経験しかない管理人は手を出すことが出来ませんでした。
中型と言われていても尾羽が長いだけで本体は小さい小さい。
コロッと逝っちゃいそうで怖い・・・


さて、タイハクの性格ですが、
あれ?タイハクは大人しくてベタ慣れで超甘えん坊な性格が良いんじゃないの?

確かにタイハクの魅力はそこにあると思います。
しかし、それが全部当てはまるのはパートナーだけです。
個体差が激しいのですが、
中にはパートナー以外の気に食わない人にジャイアンみたいな接し方をする固体もいます。
苛める、追い払う。

幸い「ろう」は穏やかで社交性があるタイプの固体だったので、
そこまで酷いことはしませんが

2014現在、好みではない人に対して攻撃的になっています。
私への依存率が高まったことが一因ですが・・・
この文章を打ち込んでいる当時の私にドロップキックを打ち込みたいです。追記2014.09.23



私が最初に会ったタイハクは意地悪をする固体でした。

私が日誌を書いている最中に威嚇するでもなく軽快に近づいてきて、
腕に乗り、腕の皮膚をゆっくりチネりあげて(内出血&出血する強さ)
満足げに頬を膨らませて去っていく。
完璧にチネりあげる事が目的でしたね。

表面上無関心を装いつつも内心「えええええーっ!?」状態でした。
その当時鳥に慣れていなかった私は、鳥に対してある程度距離を置いて見ているだけの状態でした。
嫌われることも何もしてないのになぜチネられた!?

考えた末の結論:新人にヤキ入れ

この一軒以来も、
かまって欲しそうに折の中から両足を出し、私に向かってオイデオイデをしてみせて
私が手を出すとものすごい力をこめて手を掴みチネリあげたりと
日々友好的なフェイントを用いて私を釣りまくっていました。

他のスタッフやお客さんにはこんなことはしません。
ピンポイントでターゲットにされてました。

内心、
こいつ白い悪魔や!
白いのは見た目だけやん!腹の中はどす黒いわ!
何て思ってタイハクに良い印象を持っていませんでした。

他の種類の鳥は強い力で噛む前に威嚇なり、怒ってる姿を見せて警告してくれます。
一方タイハクは友好的にみせかけて油断させて本噛みというフェイントを用いてくる。

邪悪さと賢さを感じましたね。

鳥を触りまくってきた今現在は、タイハクも大好きです。
でも、性格に難あり。これだけは忘れません。