オウムガードのストッパー代わりに水を入れた鍋を置いたらすぐにチェックに来ました。
IMG_1262
なぜかラムネボトルを持参しています。

ビシャァー
IMG_1261
迷いなくいきました。
ろう君にとってラムネボトルはどういう存在なんでしょうか。

水鏡をじっと観察
IMG_1260

IMG_1259

波紋をたたせてみたり
IMG_1258

IMG_1257

ラムネボトルを沈めてみたりしてしばらく遊んでました。
IMG_1256

余談ですが、後々飼い主がこの鍋をひっくり返して
オウム部屋の模様替えに発展しました。→その時の記事

次にオウム部屋を作る際はこのあたりをしっかりとカバーして作ろうと心に誓いました。


なんで鍋置いたの?→オウムにいたずらされても平気なものだったから
なんで水入れたの?→空だとストッパーにならなかったから&オウムが乗っても倒れないように重しとして
なんで蓋しなかったの?→蓋は紛失しました。
水のリスク考えなかったの?→こぼれてもオウムガード内でカバーできると思ってました…


因みに
冬期は暖房と加湿器フル→梅雨時期みたいになってカビだらけにならないか
という疑問を見ましたが、
ろう飼い主が住んでる家の場合は乾燥の方が強いのでなりません。

湿度がある状況なら加湿器を加減しますし、何よりエアコンの乾燥が強い。
そして床(おそらく断熱材が入っていない)は冷たい。
雪が降らない地方なので、冬期は床下からの湿度があまりありません。

乾燥の時期が過ぎれば加湿器は使いませんし、湿度がある時期は除湿器を稼働。
さらに空気清浄機を年中フル稼働しているので室内の空気が常に循環しています。
今のところ、ろうの飼育によって建物にカビが発生したことはありません。
カビが生えるか否かは建物と周辺環境によるところが大きいと思います。


ただ唯一の問題は、入居前からこの家が雨漏りで終わっていたことくらいでしょうか…
元々雨漏り周辺の壁の内側や天井、押入れがやられてまして。
さらに追い打ちで台風が来て雨漏りが拡大と入居から1年近く地獄を味わいました。

現状、カビ対策を続けたおかげで臭い諸々はかなり改善されています。
(※まだ室内に影響が出ない程度の雨漏り箇所が残ってますが、
瓦をはいでシートの交換をする大掛かりな補修になるので後回しになってます。
屋根裏の雨漏り箇所の下にはペットシーツを引いて対応中)

条件の合う転居先が見つからず不動産を探し続ける日々が続いてます。
今年こそは雨漏りしていない家に引っ越しを…