調理器具や家電から発生するフッ素ガスは鳥に対して高リスク。(鳥の突然死の理由のひとつ)
リスク管理が面倒になったろう飼い主は調理を殆どしなくなりました。
備え付けのガスコンロは電池を抜いて物置状態です。
食べ物を温めるのは湯沸しポット&換気しつつの電子レンジでほぼ補えてます。
(どうしても調理をしたいときはカセットコンロを持って別室か屋外へ移動します。)

こんな生活を数年してますので、
今更フライパンが必要かというと別に無くても困らない・・・
困らない訳ですが・・・

備えておいても損はないだろうとフッ素ガスの出ないフライパンを購入しました。
以下フッ素ガスが出ないフライパン「グリーンパン」の感想です。

外箱がこちら。26cmを購入しました。
IMG_5954
フライパンの外装なのにやたらとお洒落です。

26cm、届いてみるとかなり大きく感じます。ティッシュをサイズ比較に置いてみました。
IMG_5956
このグリーンパン、鳥飼の私たちはフッ素ガスが出ないことに注目していますが、
インスタ映え方面でかなりプッシュされてます。
だからでしょうか、外箱の時点からインスタ映えを狙ってきているようです。


さて、肝心の中身です。
IMG_5957
あっ!思ったより重い・・・!

IMG_5958
重さはガラス蓋によるものでした。
ガラス蓋を外したら普通のフライパンとさして変わらずといったところです。

フッ素加工ではなくセラミック加工という表示。
IMG_5959

簡単な取扱説明書も同付されてました。
IMG_5961

使用上の注意を要約
・火力は弱火~中火。強火は×
・薄く油を引いて1分ほど中火で温めてから焼く&炒める。
・食器洗浄機の使用は×
・洗う前に余熱をとる(フライパンが冷めるまで水につけない)
・やわらかいスポンジで洗う’(焦げ付きにはメラミンスポンジ)
・洗った後の自然乾燥×火にかけて乾かすのも×(洗ったら水気を拭き取る)


食器の手洗いはとにかく、普段自然乾燥に任して過ごしているので水気のふき取りが軽く面倒です。
・・・調理に使用する際は気をつけましょう。


以上でグリーンパンの感想(紹介?)はお終いです。
購入から幾日か経過しましたが、まだ調理していませんので調理の使用感などありません。
今後の使用時期も未定です。
どうしてもゴーヤチャンプルーが食べたくなったら使うと思います。


オマケ
IMG_5962
梱包のダンボールがしっかりしてましたので、簡易輪投げにしてみました。