いたずらオウムの生活雑記

タイハクオウムの成長記録をメインにイラスト、グッズ、その他創作物をUPしています。最新のオウム4コマはマイナビニュースさんで更新中。 昔のオウム4コマはカテゴリからどうぞ。 4コマ書籍「いたずらオウムの生活雑記」もどうぞ宜しくお願いします。 ふんわりオウム4コマを沢山描こうと思って絵日記カテゴリに入りましたが前途多難です。

新刊いたずらオウムの生活雑記2019発売しました! (災害後の対応に追われて従来のものとは少し毛色の違う感じに仕上がりました…) どうぞ宜しくお願いします!

鳥飼がかなりの確率で通る道から 学習した飼い主 大体これで抜けます。 !注意! 羽を抜くための羽ばたき運動は、強制してはいけません。 鳥が羽ばたくのを拒否したら、羽が自然に抜けるまで待ちましょう。 (羽ばたき運動を拒否するときは、痛みを感じているケースが多い

毎回口が全開です。 実際に飛んでる時は口閉じてますよね・・? (ろうはまだまともに飛んだことが無いため謎である。) 花鳥園のショーの時はどうだっただろうか・・・ 今度確認してみます。

以前まではおもちゃをダッシュで追いかけていたのですが、 (ダッシュ→捕まえる→投げる→ダッシュ→※繰り返し) 最近はひっくり返って戦う手法を覚えたらしく、運動量が減っていました。 (捕まえる→ひっくり返ってその場で戦う←走らない!) 麻の実の量は半減。 サ

挟み込むぞー! 発情していないだけマシである。 流れる水を飲みたがる ろう。(飲みすぎるとその後の放出が悲惨) 蛇口から水が出てると割り込んできます。 甘えたい時か水が欲しい時に飼い主サンドが発生します。

歯を磨く音だけ、歯を磨く素振りをするだけの状態でも盛ります。 歯磨きの際はご退場頂くようになりました。 ~お知らせ~ マイナビニュースさんで「いたずらオウムの生活雑記」4コマが掲載させて頂けるようになりました。 8月の中頃まではブログに載せている4コマをU

動かさなければ逃げ出すほど怖くないようです。 ビビりつつも横切って行きます。

すだれが揺れるのが怖いようです。 ※固定している大きなすだれは喜んで破壊しています。

皆さん知っていましたか?実は・・パンツというものは・・・ゴム部分をやられると穿けなくなるんですよ。 |д゚)ナ・ナンダッテー! 死守とは一体なんだったのか・・・ 今は無傷のパンツを守っています。 コメント返信はもうちょっとお待ちくださいませ。

防音マットを下に敷いているんですが、表面が軽く凸凹しているので拭き取る時に凹みに汚れが残ります。 何回か擦れば取れるのですが、一度で拭き取ってしまいたい今日この頃です。

※よけれてはいません。 ドバァー 次回更新は月曜辺りになります。 コメント楽しく拝見させていただいております。 返信などは8月に入ってからになります。ちょっとお待ちくださいね。

「粉羽」と記載していますが、正式名称は「粉綿羽」でした。 無意識に略していました。 粉羽以外に脂粉という言葉が使用されているようですが、 手持ちの資料からの判断によると、 「粉綿羽」と「皮脂」は同じ役割を持つものですが、必ずしもそれらが同一のもの(皮脂がつ

数週間ほど水浴びをサボるとよりよくわかります。 ドライヤーでテンションUP 読み方は粉羽(ふんう)です。

今では指に対して殆ど無関心です。 会って間もないころは、お互いの距離感を掴むためのためし噛みの日々でした。 指の中央にとめてもすぐ移動を開始します。 当時、基本的にそこまで強く噛まれませんでしたが、 たまに加減を間違えて強く噛まれたり、意図的に強く噛んで反

正羽との相違点をご紹介 でも自主的に毛引いたらすぐ禿げます。 画像修正致しました。 追記2014.07.17故トワット様ご指摘いただきありがとうございました! またうっかりミスが・・・!! この他に、背中も羽が少なかったりします。 頭頂部の禿げあがりは言わずもがなです

乗っかっている方の腕を上げれば比較的にすぐ降ります。 大人しくしているからといっても肩乗せは負担が多いです。 肩凝りというより、背骨から気持ち悪くなる感じがしてくるので長時間は維持できません。 (オウムは居心地が良いみたいですが) そして強制退場されるオウ

お休み時間が近づくとソワソワし始めるオウム 対価だ!対価をよこせ! 眠たくないけれど、オヤツが欲しくて仕方なくケージに入る時は 飼い主の手や腕を噛んでから入っていきます。(怪我をせず痛みを感じる程度につねられます) 事前やつあたりです。

「儚」い 新しいおもちゃを用意しなければ・・・・ 1週間は希望的観測でしたが、何とか3日はもつと思っていました。 あんなに早く完壊されるとは予想外です。 ※4コマ目の画面が寂しかったので、破壊されたパーツを散らしてしまいましたが、 実際には破壊された際にでた

このページのトップヘ