いたずらオウムの生活雑記

タイハクオウムの4コマ(ほぼ実録)・動画 その他制作物などUPしています。 オウム情報以外にも色々入り乱れると思いますので、 特定の内容に目を通したい方はカテゴリからご覧くださいませ。 Twitterアカウント オウムメイン→@itazuraoumu 飼い主メイン→@rourousoku いたずらオウムの4コマ書籍 ttp://www.amazon.co.jp/dp/4046

使用しているダイスの出目がどうにも高く、ファンブルはたまに出るけどクリティカルはほぼ出ない。果たしてこのダイスを私の相棒として扱うべきなのでしょうかー・・・といったような不信感が募り積もってしまいましたので、幾つかダイスを新調して新しい相棒を探すことにしまし

←前回までコンゴウ制作の続きです。アロンアルファで接着しました。接着面が小さいので仮止めですが、レジンの仮止めよりも強度が高いです。さすがアロンアルファ先輩・・・とりあえず着色してみます。裏面に色を置いて、ひっくり返してみたら・・・暗いです。黒線が細かく入って

トレーニングと小さいおもちゃの収納に使用していたこのカラフルな箱。このカラフルな部分、ダンボールを固定するのに使うテープ(糸が固まっていて解れないもの)みたいな物だと思っていたのですが・・・オウムのターゲットになったことで細い糸で形成されていることが判明しま

←前回までの工作タイム今回はコンゴウインコを制作します。まずは下絵にするイラストを用意。シルエットと各パーツの配置が分かる程度にするつもりが、勢いで中まで埋めてました。いや~、皮膚露出のあるコンゴウインコは良いですね。スミレコンゴウインコみたいな覆面タイ

←前までの作業防水&補強目的でレジン塗装してみました。表裏ん~・・・気泡やら偏りやら塗装できてない部分やら発生してます。こちらはガッツリ気泡が入りました。気泡を減らそうと努力した後がこちら気泡入ってますねぇ・・・側面のレジンがまともに塗れてないのですが表面は厚

数年かけて集めた物がこちらです。殆どは小さい欠片しか取れませんが、鉄やステンレスや大物家具など重かったり固いものに挑み続けると大きな欠片が取れることがあります。※クチバシも爪みたいな感じです。伸びます。定期的に抜け落ちる羽と違ってこちらは本当に激レアです

2018年のゲジゲジとの暮らしを思い出して…ふんわりに代行して貰いました。寒くなり始めた頃に発生したドッキリビス○事件箱を開けた状態で置いておいたら共存中のゲジゲジの休憩場所になってました。いやもうビックリしました。完全に油断してました。ゲジゲジは足を落

こちらのキャンペーンの応募受付は終了致しました。沢山のご応募ありがとうございます。新年明けましておめでとうございます。お待たせいたしました、今回のキャンペーン応募方法です。*応募期間は2019年1月3日~1月5日の3日間です*~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という訳で、戌年最後の犬イラストで今年のブログ更新を終了します。※無断転載ご遠慮下さい。とにかく賢いトイプードル。日本犬といってすぐに思い浮かぶのは柴犬トイプードルもおまけ雑談漫画のネームがあるのですが、イラスト化する気力が足りずお蔵入りになりました。次

グリーンパンの梱包材で遊びました。良いダンボールを使ってます。これもオモチャになるだろうと踏んだのですが、当日はオウムにスルーされましたので数日後に飛ばします。ハイ!興味が出てきました。輪投げのように使えないかと思ったのですが、まだそんな芸当はできません

調理器具や家電から発生するフッ素ガスは鳥に対して高リスク。(鳥の突然死の理由のひとつ)リスク管理が面倒になったろう飼い主は調理を殆どしなくなりました。備え付けのガスコンロは電池を抜いて物置状態です。食べ物を温めるのは湯沸しポット&換気しつつの電子レンジで

寒い時期に現れるのが追いはぎです。毎日半纏を奪われてます。オウムがいる部屋はエアコンフル稼働(最近は冷え込みが強くて温まらない)&電気ファンヒーター(局所)で何とか凌いでますが、同じ室内でも飼い主のいる場所は寒いのです。そして今月の電気代は先月の倍になり

久しぶりのキャンペーン告知です。※この記事は書籍「いたずらオウムの生活雑記2017・2018」購入者向けの内容です※年明けに書籍購入者を対象としたキャンペーンを行います。キャンペーンの応募期間は2019年1月3日~5日の3日間。今回の応募資格は書籍「いたずらオウ

←前回までアクリルで着色していきます。わっかは青にします。線入れした方、着色すると線がほとんど消えますね…線入れは最低限の方が良さそうです。裏表両面に同じ着色をしていきます。ろう飼い主@rourousokuレジンで失敗しませんように https://t.co/kOJ7fQsVL12018/12/25

←前回までぷらパンカット2回目今度は冠羽を立たせてみました。右下、油断して円が崩れてます。そしてこのあたりで手の乾燥に堪えられなくなりオロナイン手袋装着。乾燥して手指が切れるギリギリの状態でオウムを撫で回した為、残りかすかな油分をオウムの羽に持っていかれ

樹脂粘土を断念したので、数年前からやりたいと思っていたプラパンの制作を始めます。小学生の頃、夢中になって作っていた記憶がありますので、樹脂粘土よりはまともな形になるでしょう…※プラパンは縮めるときに空気が汚れますので、オウムが居る部屋にプラパンを熱する際

ここ最近テーブルの脚と床の間を噛んで移動させることに嵌ってます。右端に写っているのがテーブルの脚。これをひたすら齧って浮かせて移動させていきます。結構重さがあると思うのですが、あごの筋肉とクチバシでごり押してます。移動させているときの画像は毎度撮り忘れて

ふんわりオウムが作れないかなと…樹脂粘土、この日まで一度も使用したことが無かったのですが、まぁなんとかなるだろうとチャレンジ。(樹脂粘土、匂いがありましたので造形は別部屋に移動)~2時間後~かろうじてそれっぽい形になったのが一体&よく分からない物体の欠片

引き続きオウムスペースのカスタマイズ。プラダンはちょっと前に設置したものです。木枠の作りが甘く隙間があるので、空気を完全に遮断できませんが粉やチリ対策には有効です。暖気もそこそこ遮断してくれます。プラダンの向こうは歪んで見えますが姿を認識するには十分です

このページのトップヘ