いたずらオウムの生活雑記

タイハクオウムの4コマ(ほぼ実録)・動画 その他制作物などUPしています。 オウム情報以外にも色々入り乱れると思いますので、 特定の内容に目を通したい方はカテゴリからご覧くださいませ。 Twitterアカウント オウムメイン→@itazuraoumu 飼い主メイン→@rourousoku いたずらオウムの4コマ書籍 ttp://www.amazon.co.jp/dp/4046

以前の綿棒フラワーの記事綿棒をスルーされていた綿棒フラワー。どうやら茎熱が冷めたらしく、綿棒にも興味を持つように。まずは花弁をガジガジ…でもこれはちょっと違うといった反応ここで綿棒!ようやく綿棒!しばらく遊んだ後はこのように綿棒の先端部分が微妙に解けてい

オウムに与える小松菜の筋を取り除いてたら薄い膜も一緒に取れました。こういう線虫いそうな気がします。刺繍のような…海の生物にも居そうな気がします。オウムはこれといって興味なし。筋を取られたほうの小松菜をチミッてました。~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

花粉症の症状、能力者が限界を超えた状態みたいになるときがあるなぁと。頭の中に図が浮かんでしまったので描きました。※オウムは一切出てきません。そしてマスクが死にます。3ページ目、描いてる最中にこの状態のキツさを思い出してしまってついセリフを入れてしまったの

チュッパチャップスの束の土台に綿棒を差し込みました。綿棒の形も相まってイラスト型の梅の花みたいに見えます。綿棒が雄しべのようこの綿棒を引っ張って遊ぶかなと渡したところ本体にいきました。通常運転です。気になるのは花弁ではなく茎の断面の方だそうそこそこお気に

デジタル作業で首と肩が限界に近づいたので休息を兼ねてアナログ作業。部屋を綺麗にしようと放置気味のところを片付けてました。そうしたらプラパンが出て来ましたので…下書き 半日ほど切り抜き作業(掃除はまたの機会に…)そして切り抜いたものがこちら。余分な線を消し

この日は暖かかったので今年初の屋外日光浴をしました。冷たくない風が心地良いです。これで花粉がなければ文句なしですが、きてますねぇ…花粉症でないことは幸せの証…飼い主は花粉に怯え続け、時間が過ぎるのをただ待つような状態でしたがオウムは十分に春の始まりの日差

アイパッドのボタンがオウムに狙われました。オウムが齧ったときは画面に少し線が入っただけでしたが、飼い主が弄くった結果このように。まさかこうなるとは…・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以前購入したフライパンの梱包ダンボールの輪っかです。まだ原形が残ってました。この梱包材、見向きもせず放置されていたのですが、急にこれで遊びたくなったようです。ダンボールの近くでダンボールを齧る…そしてこちらはネクトンに染まった羽先。※ネクトン染色の4コマ

久しぶりに水彩イラストろう@itazuraoumuコガネメキシコインコ紙:ホワイトワトソン水彩、ペン https://t.co/DJpcCtjCUO2019/02/22 13:15:54 コガネメキシコ、思ったより柄が細かかったです。翼の緑部分に黄色が混ざってまだら模様ができていたり、風きり羽に白に近い色が入

まだまだ寒い日が続いているからか、1日1度(以上)は半纏を奪われてます。今回はイスごと奪っていきました。この時の飼い主は半袖でしたので寒かったです。ろう君暖かそうですね...オウムに奪われた半纏は粉だらけになりますので、この半纏を取り返したところで再度着るの

電子書籍販売中です!いたずらオウムの生活雑記 [Kindle版]ろう飼い主2019-02-07今も昔もリップサービスは期待できません。変化いろいろ昔はまさに「いたずらオウム」でした。最近は丸くなったものです。この2015のみkindleの読み放題でも読めるようになっています。読み放題

一週間ほど前(?)小松菜を用意したので、小松菜の茎をペタッペタッとリズムを取りつつケージに当てながらオウムを呼んだらこのようにろう@itazuraoumu小松菜に威嚇ダンス https://t.co/pm0V06xmjy2019/02/10 12:55:37何かが琴線に触れてしまったようで小松菜に威嚇をするオ

相変わらずペットボトルの蓋を貫通させています。クチバシの先を見ると、綺麗な穴が…ペットボトルを回転させながら穴を広げていきます。半回転させました。穴がちょっと広がりました。これを飽きるまで続けます。最近は飽きがくるのが早いので、小ぶりな穴が開いた状態で捨

金柑を購入したので、試しに1個与えてみることにケージに挟んでおけば興味を引かれて取りに来るだろうと設置してすぐ来ました。随分お早い対応でいらっしゃいますね。どうです?思案中でしょうか。再びチェックどうでしょう…?食べそうな雰囲気を醸しつつ食べませんでした

次のレジンはルリコンゴウを制作しますので、モデルのイラストを用意しました。ケント紙、ペン画色を置いてみました。ハァ~!色を置いただけで美しい…!興奮時に頭に血が上ると顔が赤くなるので、傍目からみても感情が分かりやすいです。姿形もさることながら、ルリコンゴ

寒い日が続いています。日差しが暖かい日は日光浴させているのですが、オウムがなかなか日差しにあたらないのでこの日は小ケージを使用。日が当たる場所に小ケージごと移動してなんとかしています。日差しは暖かくても吹き込む冷風で寒くなることが多いので、横にドライヤー

←前回まで今回でようやく完成。思っていたより時間がかかりました…(想定していた制作時間の5.6倍)レジンの色が薄かったので、重ねがけして色を濃くしました。インコが黒い線で絵描かれてますので、レジンはこの色濃度でストップ。光に透かすとステンドグラスのようで綺麗

←前回まで作業続きです。試作2号にカラーレジンを置いてみました。想像以上に色が薄い。うす塗りだとこんな感じになるようです。色を重ねて濃くしていこうと思います。透明感はとても良い感じ。型を取ったものはこんな風に足周り以外はちゃんと型取りできたようです。本体

新しく導入したイスの損傷が激しいので視覚ガードを設置することにしました。齧られる場所を苦手な柄の紙で包んで1週間・・・恐怖の柄に慣れてしまったようです。破られてしまいました。新しい恐怖対象を導入。コンセントガードに使用していた麦藁帽子を使います。こちらはまだ

このページのトップヘ